カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

2008年秋 Franceに買い付けに*2日目〜

 今回のパリ滞在は、サンジェルマンのアパートを借りました。

久しぶりの蚤の市に わくわく♪です。お天気も良く、

朝一番で Venves に行き、今日は掘り出し物に出会えました。

いつもお世話になっている マダムのお店にも顔を出し、助手の

ことも ちゃんと覚えていてくれました。

 もうひとつの 蚤の市をまわるため、早々に Venvesをあとにします。

 次に行った 蚤の市は、出店数も少なく、お皿を数枚買っただけで、

たいしたものはありませんでした。

 アパートの部屋で、昼食を食べ、午後は St.Paul に向かいます。



お花屋さんの 素敵なアレンジにうっとりです。。




 

 買い付け時には必ず立ち寄る、
St.Paul にあるお店のマダム、

今日はご機嫌が良いようで、私が商品選びをしている間に、

助手を抱えて、表に出て行きました。

ほどなく戻ってきた助手の手には、お菓子が握られています。

 仕入れを終えて、夕方近くになりましたが、今日はまだもう一つ

仕事が残っています。それは、パリに住む、台湾人の友達に

頼まれた、日本の『豆乳メーカー』を彼女のアパートに届けることです。

この、豆乳メーカー、持ってくるのも重かった〜。それをリュックに入れ、

背負って 彼女のアパートを目指します。メトロに乗るほどでもないので

歩いていきました。 

彼女に 豆乳メーカーを渡し、説明書を見ながら、いっしょに

使い方を勉強します。漢字をひろって、だいたいの意味は分かるようです。

分からないところは、テキトーな仏語で説明をします。(彼女は

一生懸命勉強し、夢だった 仏語の先生をしています。)

フランスでは豆乳が、手に入りにくいようです。なので、自分で

作ろうとしているようです。

 日本では、簡単に手に入りますが、全然 飲もうと思わない私。

たしか、以前は飲んでいました。また、飲み始めてみようかな、

と思ったのでした。。




コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: